生産者:Bruno Dunoyer
地域:Ambanja,マダガスカル


ブルーノ・ドゥノイェーは、農業技術を学び、長年カメルーンで技術協力者として過ごしたフランス人ですが、
「生きる場所は魂がいる場所でありたい」という信念のもと、彼の魂は今マダガスカルの大地にあります。
イランイランの甘くトロピックな香りの島。

マダガスカルは14,000種の植物が生息するといわれ、その85%はこの島でしか生息しない貴重な植物です。
しかしそれらの植物が、商業によって大きなダメージを受けつつある今、マダガスカルではエコロジカルで持続可能な取り組みが必要です。
ブルーノ・ドゥイェーは、この環境を守るために心を砕き、トラクターを廃止して馬車など植物に負担をかけない運搬方法を取るなど、
様々な活動に取り組んでいます。
植物たちのためにエコロジカルな環境を整え、エコサートやフェアトレード、有機栽培のガイドラインなどを厳守しています。

朝5時から8時まで、わずか3時間の間に収穫される彼のイランイランは、その後18時間かけて蒸留されます。
その甘く魅惑的な香りから、イランイランは最も大切なパフュームフラワーと呼ばれています。


【ファファラ グラン・クリュ】

イランイラン・エキストラサプリームBIO

ラベンサラBIO